iuy

Here in the earth.

死んだあと

この間、CaptainFantastic(はじまりへの旅)を観てきた。

死んだ人(ネタバレになるからあまり触れないけど)の希望で、「自分は死んだら火葬してほしい。お葬式はパーティーみたいに素敵なドレスを着て、歌を歌って、みんなでわたしの人生を褒め称えて!」みたいに遺言をのこしていたの。だけど家族はキリスト教

もちろん、死んだ人の両親は大反対で。
結局、お葬式はキリスト教の決まりに沿って行われた。

でも、死んだ人のファミリー(子供やパートナー)は、埋葬された死んだ人を掘り起こして、死んだ人の希望どうりのお葬式をやり直したの。

それが、サイコーーーにカッコよくて、、、!



Captain Fantasticを観た後、自分は死んだらどうされたいかなーって考えたんだけど

あたしは全ての神様仏様系を信じるタイプで、ある意味、無宗教なんだよね。

キリスト教は人が死んだらそのまま土の中にうめられる。仏教は火葬して灰にさせて骨をまぁ埋めるんでしょ?あんま詳しくないけど、そんなイメージ。

あたしが知ってるお葬式のやり方の中だと、やってほしいのはなかった。


で、考えたんだけど、、
あたしは、死んだら(なるべく人間以外の)生き物に食べられたいなー!


人間って食べてばっかじゃん?おもに生き物を。
だからどう恩返しするかなって考えた時に、やっぱ食べられるしかないと思うの。食べてもらうしかないと思うのだ。

いただきますやごちそうさまっていくら心を込めて言っても、殺された食べられたうなぎの家族は死ぬほど人間を恨んでるかもしれないし。

感謝だけで繋がれる、そんな美しい生態系ではないじゃん?食べる食べられる関係で繋がってるからさあ。

ベジタリアンにもなれないし、いきなり生き物を食べないで生きる生活はそうとう覚悟がないと難しいし、なによりやっぱり

お肉やお魚は(木の実や葉っぱも)食べ続けたいし。

だから、せめて死んだら、死んだらだよ?
自分がここまで生きてこれたのは、全ての生き物のおかげだから、誰かに食べられて、その生き物の命を繋いでほしい。

本当は生きたまま食べるのが美味しいかもしれないけど、それは怖いので、死んだらどうぞ、おいしく食べてね!って思うよ。

きっとほとんどの人が、その生き物の家族やプライドを気にせず遠慮なく食べてきたと思う。牛や鶏や魚やウサギ(の毛を使った服を着ていたり)とかね。

人間も死ぬときは食べられて死ねば、生物界も少しはフェアになるんじゃないかなと思う。これは究極なのかもしれないけど。

でもまぁ、そこまでやりたいって思う人は中々いないと思うからさ。せめて火葬したら灰は土に還すとか、そういう風にできないのかなー

どれだけ人間の自己中な進化で多くの生き物を絶滅させたか、、、現に今も温暖化とか異常気象とか人間の行動が引き起こすいろんな事で、死にそうな生き物たくさんいるしね。人間もか。




ともかくあたしは、食べられて死にたい!





YUI

占い

は完全に信じきるタイプ。だろうねとよく言われる。だよだよ。

だって絶対面白いじゃん! 高校の時、すこぶるアタルと評判のタロット占いの先生がいて。(本職は音楽の先生、いや違ったかな) 

予約制な上に何ヶ月も待たなければいけないという、知る人ぞ知る大人気の占いだったの。

萌と予約して占ってもらったんだけど、詳しくは忘れたけどマジであたってたんだよね! 

自分のことより萌の方が覚えてる。家族構成とか性格がほんとにドンピシャだった。

 鳥肌だった。叫びたかった。しっかり叫んだ。

 

それから、占いという占いは全部鵜呑みにする。いや、ディスられすぎてたら ここ当たらんねスタンス だったかも。

 

まぁとにかくそれでさ、最近見つけたネットの占いがけっこーあたるからURL載せるね。

 

http://moon-cycle.net/moon_sign.html

 

まずひまつぶしに最高だよ。

 

ちなみにこのサイトは、月と太陽両方みれるのだよ。

おそらくみんなが、雑誌の最終ページやらでみてるのは太陽星座がほとんどだよ。

 

太陽星座(一般的なやつ)は、社会的な面や人と接する際の傾向、つまり表面的な部分。

で、月星座が、内面や心の深い部分、他人はもちろん自分も気づいていないような根の部分なんだって。

 

面白いね!楽しいね!ワク!ワク!

 

 f:id:qlui7:20170622220230j:image

 

みんなどうだったかなーーー見たらあたしに教えてー聞きたいー🤤🤤🤤

 

ちなみにあたしは、痛いとこつかれたなーっておもう部分が結構あった(心当たりがある)かなあ。

 

占いの中でも星座は、凄く信頼してるものだから(単に宇宙関連が好き)みんなも安心して楽しめたら良いね😙

 

 

YUI

 

London

いつも通りそれはそれは急な話で

 

なんとなく久しぶりに借りたレミゼのDVD

きっと初めて、フルで観たんだとおもう。

感動がとまらず1人で盛り上がって、ロンドンでホンモノを観に行こうと。

 

思い立ったが吉日、急かつ自己中な "ロンドンいくよねー?" に二つ返事でOKをくれたゆみと一緒に行って来た。

 f:id:qlui7:20170517152056j:image

はじまった瞬間、感極まって(なぜおまえが)号泣。笑

会えた、、、、会えたよ、、

ジャックーーー!!!(かなりマイナー)

 

こじんまりというか、手で包まれたような劇場だったからとにかく響くの。

あたし、結構映画とか好きなんだけどミュージカルみたいな〝生演技〟ってみたことなくて。

 

いっきに何分ものセリフを歌いながら話すし、こんな重たい映画でもウケを取る所は全力で笑わせてくるし、人間の仲間としてほんとに尊敬するよ! !と思うくらい綺麗すぎて圧倒される歌声声量、

 

もう、凄くて。

すごくてすごくてすごくて、凄いって言葉しか出てこなくて。

帰ってきてからやっと、どこが凄かったのか具体的に考えられたくらい。

 

なんていうかなーあの時のテンションは二度と味わえないとおもうんだよ。

あたしはミュージカルを観たのが初めてだったし、それも初めてのヨーロッパで。ロンドンで。

 

うわ〜〜〜何度思い出しても最高な時間だったな〜

 

終わった後しばらく動けなくて。余韻が抜けないとかそういうんじゃない何かが抜けてない感覚。もうあれだな、コゼットに頭と心を侵略されたんだ、笑

 

泣いても泣いても足りないくらいだった

涙を拭うよゆうもなく、あっという間に3時間たってたし。

 

うーん。ほんとに、凄い。それに尽きる。

 

 

 

f:id:qlui7:20170517154817j:image

何をしなくても、外を歩くだけで充分なLondon、

パジャマも忘れ、ベルトコンベアが止まり荷物が届かない、現地気温3°というサプライズに見舞われノースリーブシカナイヨだからコート買い、記憶喪失?同じ事何度すればわかる?てくらい地下鉄を乗り間違え、ゆみは風邪ひき結膜炎なり、日本で言う グリーン電車 に乗ったら車掌さんが集金しにきてお金が足りず、(犯罪笑)

 

もう、ちょーっと思い出しただけで散々ダナ!と言われざるを得ないかんじだけど

こんなん旅ではおなじみな、どれもたいした事ないネタなんだよね。いい意味で。

 

全部ひっくるめてほんと、楽しかった。

いつも、いいよって言ってくれてゆみありがとね。ゆみと一緒にいたから、ヤバイ状況でもなーんも不安なかったな。(そこがヤバイ) 彼女は最高なイエスマンだ。残したいことは山ほどあるんだけど、論文みたいになりそうだから写真載せておわり! 笑

 

 

 

 

 

 

機内f:id:qlui7:20170517185840j:image何本映画、観たことか。f:id:qlui7:20170517185850j:imageカタールの芸術的すぎる砂漠の街並み。f:id:qlui7:20170517185908j:imageゆみがめっちゃテトリスやらせてくるんだけど、あたし昔よくやっててそこそこ得意だったからランクインした ಠ◡ಠ(ゆみはゲーム死ぬほど弱いよ笑)

奥のおばあちゃんはフライトに限界きてるね。笑f:id:qlui7:20170517185916j:image

 

街並みお店並みf:id:qlui7:20170517190820j:imagef:id:qlui7:20170517190833j:imagef:id:qlui7:20170517190840j:imagef:id:qlui7:20170517190857j:imagef:id:qlui7:20170517190908j:imagef:id:qlui7:20170517190915j:imagef:id:qlui7:20170517190927j:imagef:id:qlui7:20170517201531j:image「ゆい〜ウンコある〜😂❤︎」f:id:qlui7:20170517201540j:imagef:id:qlui7:20170517201600j:imagef:id:qlui7:20170517201614j:imagef:id:qlui7:20170517201624j:imagef:id:qlui7:20170517201642j:imagef:id:qlui7:20170517201652j:imagef:id:qlui7:20170517201733j:image

 

スーパー&マーケットf:id:qlui7:20170517201800j:imagef:id:qlui7:20170517201834j:imagef:id:qlui7:20170517201850j:imagef:id:qlui7:20170517201953j:imagef:id:qlui7:20170517202001j:image

 

部屋

f:id:qlui7:20170517202223j:imagef:id:qlui7:20170517202248j:imagef:id:qlui7:20170517202305j:imagef:id:qlui7:20170517202328j:imagef:id:qlui7:20170517202347j:imagef:id:qlui7:20170517202414j:imagef:id:qlui7:20170517202431j:image

 

ご飯。みんな何を食べてまずいと感じ噂してるのやらƪ(ಠ‿ಠ)ʃどれも本当においしかったぞ

美味しいね、美味しいね、って 8回でた機内食から全部ゆみと半分こしてた。

オーガニックスーパーやご飯屋さんを探さなくても、当たり前のようにどれもオーガニックだったからあたしは感動したよ。そう、ロンドンフードには感動したんだぜ。f:id:qlui7:20170517205637j:imagef:id:qlui7:20170517205655j:imagef:id:qlui7:20170517205703j:imagef:id:qlui7:20170517205720j:imagef:id:qlui7:20170517205727j:imageこんなノースリーブとか平気で着てるけど3°だからね。うかれてるだけだからね。f:id:qlui7:20170517205733j:imagef:id:qlui7:20170517205746j:imagef:id:qlui7:20170517205751j:imagef:id:qlui7:20170517205756j:imagef:id:qlui7:20170517205814j:imagef:id:qlui7:20170517205821j:imagef:id:qlui7:20170517205826j:image

 

その他。至る所にいるミュージシャン達がロンドンの音楽レベルを物語ってたよ。並みじゃないわほんま、レミゼ前のバーガーショップの店員さんはあれ、みんな歌えるんだな笑 ずっと居座ってられたわ。f:id:qlui7:20170517210628j:imagef:id:qlui7:20170517210638j:imagef:id:qlui7:20170517210645j:imagef:id:qlui7:20170517210700j:imagef:id:qlui7:20170517210706j:imagef:id:qlui7:20170517210718j:imagef:id:qlui7:20170517210733j:imagef:id:qlui7:20170517210750j:imagef:id:qlui7:20170517211454j:imagef:id:qlui7:20170517211507p:imageうかれてるだけ3°f:id:qlui7:20170517211535j:imagef:id:qlui7:20170517211549j:imagef:id:qlui7:20170517211613j:image

鏡ごしで撮るとガンつけてるね笑 このワンピースは母上のなんだけど、マリクワのだったからお! ロンドンと思い、もってきた。f:id:qlui7:20170517222033p:imagef:id:qlui7:20170517222041j:image右 カマキリ、左 鈴木えみf:id:qlui7:20170517211614j:imagef:id:qlui7:20170517211624j:imagef:id:qlui7:20170517211725j:imagef:id:qlui7:20170517211758j:imagef:id:qlui7:20170517211804j:imagef:id:qlui7:20170517211814j:imagef:id:qlui7:20170517211825j:imagef:id:qlui7:20170517211836j:image

載せすぎ笑

最後にロンドンでいちばんお気に入りこんじきの写真を。❤︎ 愛

 

YUI

f:id:qlui7:20170517212659j:image

 

 

 

あっ。

あ〜〜昔は苦しいくらい毎日笑ってたなと思い出した!


今も笑っていないわけではなくて、少なくとも毎日がそう(苦しいほど笑う)じゃなくなったということ。
きっと昔ほど行動していないんだと、思う。

1人でいる時間が格段と増えたからね。1人でも笑うときは笑うけどさ、歩きながら毎日1人で爆笑してたらそれはそれでね。(いや、それもかっこいいな笑)


毎日学校に行ってるかと言われると、寝坊したりダルい日なんかはつい、サボってしまうし。
友達を作ろうと本気で動いてるかと言われると、流れるように受け身になってる気も、する。前は街で知らない人に オハヨー、コンニチワー、って話しかけてたなあ。

 

なんで学生時代の友達って最高な関係を築けるんだろう。

きっと初めは、お互い不完全な相性だったはずだけど、毎日過ごす中 いろんなことを吸収して発信しての繰り返しで、最高な関係になるよう刺激しあい、お互いが変化していたんだと思う。変えたし、あたしも変わった。

 

今はどうかなあ。

自分をちゃんと持つのがいいとされ、自分の意思を変えずに強くいることがいいとされ、そういう風に構え続けて人と接して。そりゃーかっこいいかもしれないけど、最高な関係は築けない。

もっと柔らかくありたいと、最近すごく思うようになった。いろんな人とマッチしたい。相性なんていくらでも変えられるし、決まってるわけがないと思う。もし、相性が悪いなんてのがあるんだとしたら、どちらかが変わろうとしていないだけで、強くありすぎているだけだと思う。

 

 


こんな攻撃的な内容?を、なぜわざわざ公開するのかと言われれば、よくわからないなあ。笑

内心は、知ってほしいんだとおもう。(?)

 

 

YUI

今日

 

駅のトイレに落ちていたペットボトルを、トイレ清掃していたおばさんの近くにあったペットボトルのゴミ袋に入れたら、漁られてると思われて「ちょっと!」と注意され、去年20万近くかけ履修していたプロジェクトの1つに返金制度があるものがあり、それがもらえるかどうか聞きに行ったら、「え、あ、えっと、確か以前そのお話はご説明させてもらったんですが、あれ?え、あれれ? 」と軽くパニックにきょどっていたので、ん?と思い返してみたら、確かに3ヶ月前同じように聞きに行き、返金はできない旨を伝えられショックを受けたのを思い出した。そして、ショックすぎたのでその出来事を忘れたのも思い出した。こいつどんだけしつこいの?と思われたんじゃないかと恥ずかしくて、きょどらせる程言いづらい事をまた言わせようとしてしまったことが申し訳なくて、本当に申し訳ないですと言いすぐさま撤収した。
精神的ダメージを受けたショックすぎる出来事は忘れてしまう能力が身についていたみたい。


これだけ思い返すと今日は散々な日だったようにみえるが、朝から暖かくて穏やかだったし、途中で幼馴染にあって相変わらずバカなところに癒されたし、学生証をタッチしなければいけない講義を全て友達がついでにやってくれたおかげで一度も席を立たなかったし、返金に10円足りないのを「重くなるからいい、いい!」などと太っ腹に許容してくれた友達がいた。

 

大変幸せな1日でした。
おやすみなさい。

 

YUI

 f:id:qlui7:20170413141307j:image

yusan

秋谷店舗閉店の節目となる日がついに訪れてもうた。

本当に急で、働いていた私でさえ知らされたのは1ヶ月前。びっくりしたけど、働き始めた頃からユサンの野望を聞いていたから常に予感がしていたのか、案外すんなり受け入れられたんだよね。

でもやっぱり、あの空間がユサンではなくなるのはすごく不思議で。

f:id:qlui7:20170406103302j:image

そもそも、ユサンを知ったきっかけは未来と秋谷で遊んでた時に「このお店行ってみたいんだよね ! 」 と未来が言っていたからで。車で一瞬通っただけだけど外観にマジ惚れ、

その時ちょうど未来の地元、秋谷(大楠)がものすごくいいところだなあと思っていたから、そんな思い入れのある場所でこんな素敵なお店が…!という勢いからその日の夜にHPをチェックしたら、偶然にもアルバイト募集の項目が…

そして偶然にも大好きだったバイト先を、意思とは別に辞めざるを得なくなった時だったから、あぁこれは運命かなと。

そのアルバイト募集の詳細も、唯一無二な文才とセンスが際立つすごく魅力的な内容で。

経歴も国籍も年齢も、もちろん履歴書も、何にもいらない関係ないというもんだから、すぐに連絡したの。

f:id:qlui7:20170408210007j:image

後から聞いた話だけど、その時一応自分の意思やユサンで働きたい目的的なのも書いたのだけど、その内容が「あのメールを読んだとき、38歳くらいの人だと思った。しっかりして落ち着いた文だったよ、ていうか18歳って本当なの?」

と絶賛していただいた?笑 ユサンから褒められるなんて素直に嬉しくてワキ汗半端なかったと思う。

初めて会ったとき、板前のカナさんと、デザイン、サービス他、全てを担うウミさんとあたしの3人でユサンのカウンターで3時間くらいかな、お互い"自分"を語りに語って、それは本当に濃い時間だったなあ。

有難いことに、その日のうちに一緒に働こって言ってもらえて、ユサンをサポートさせてもらうことになったんだよ。

f:id:qlui7:20170408205845j:image

実際働いてみたら、お世辞抜きで超怒涛。笑笑笑

あんなに小さく穏やかで渋いホンワカした空間で、真冬に汗だくになりながらごはんを作る人が、美味しさを感動を分かち合おうと頑張る人がいるのだなと思った。

世の中こんな風に働いてる人がいるんだなと思った。

 

ご飯を作るとき、"おいしくなあれ" と、全てでその感情を持ちながら作るのって相当キツいものがあると思った。人間だから、忙しければ疲れるし、うまくいかないと焦る。ご飯屋さんで絶対思っちゃいけないのは、

"めんどくさい、どうでもいい"

そういう気持ちだと思った。

たとえ "無心" で作っていても、出来上がりは美味しい。それは そのご飯に関わったみんなにそういう嫌な気持ちが入り混じってないからだと思う。あぁユサンって素晴らしい。

f:id:qlui7:20170408213041j:image

「しんどい」って言葉しかでてこないくらい疲れ果てた精神生体に、

どんな素敵な言葉やカッコいい言葉で表現しようとしても、「美味しい」の一言しか出てこないごはんを食べた瞬間、

この感動を味わずに死ななくてよかった。と心底思った。

 

ユサンの店舗営業が閉店と知って、駆けつける人が大勢いた。あの小さな小さな店舗で2時間待ちになるという異例な状況を受け入れる人が大勢いた。そしてこれが最後の晩餐という気持ちなのか、涙を流しながら食べる人もいた。わかる。凄くわかる。
涙を流すのは、溜まっているんだろうと言われたことがある。
もしそうだとしたら、そんな状態で、ユサンのご飯を食べた時は間違いなく号泣すると思う。

f:id:qlui7:20170408212309j:image

そうそう、ユサンといえば天使がおるよであたしの中では有名なんだけど、2人のお子さんでまだ3歳なのだけどとっっても可愛くて儚くてよく笑う男の子がいるんだよね。あたしが出会った史上、見たことないくらいよく笑う。わがままも言わなければ泣きもしないし人見知りもない。初めて会った日はびっくりした。ユサンの宝。

そんな天使のような子に会えなくなるのが寂しいってのはあるな ! 

 

これからは不定期に会うことになるだろうけど、人気者だからきっとひっぱりだこでお仕事の依頼が入るんだろうなと思う。これからもyusanをサポートしたいし、なにより3人に会いたい。本当に歳を重ねるごとに、大好きな場所と人が増えるよな。
感謝の言葉をSNSで簡単にいうのがあんまり好きじゃない。でも、伝えられないのも辛い。から、結構言う。笑
だけどやっぱり、手紙や直接の重みは全然違うし、すごく残る。手紙はもちろんモノとしてというのが大前提だけど、直接何か言われた時、それが何気ない一言だったとしてもなんか残る時ってある。それは自分が奥底で意識し気にしていたりした事だからだと思う。残るのは、図星を突かれたからだと思ってる。 

 

朝5時前におきて往復4時間弱でユサンまで行き来して10時間近く働いて。それがたとえ1円にもならなかったとしても、ユサンで働くことに嫌な気持ちなんて全くなかったんだよなあ。

不思議だよね。"働く"って、ヤダヤダ! 大変大変! 忙し忙し! 思えば思うほど  働く 本来の魅力を低迷させてる気がする。

働いてなかったら、こんな美しい景色を見れなくて、こんな美味しいご飯を食べれなくて、こんな素晴らしい人に出会えなかったーと思うと働かせてくれて有難うという感情でいっぱいになるよ。

f:id:qlui7:20170408213145j:image

この世界を創ってきてくれた歴史の人達は凄いと思う。
彼らがいなければ、こうして世界を味わうことも楽しむこともできないわけで。
今日がどんなに幸せな日でも、苦しくて悲しくて辛い日でも、その日1日が愛おしいと思えるように生きたいと思う。

ここまで繋いでくれた食の文化に歴史に、人に、敬意をもって感謝したい。
今は、地球にいる全ての人が未来を創っているわけで、いつか、未来の人から感謝されるような、そんな世界を創ることがあたしの夢。言葉こそ大袈裟にみえるけど、ユサンで一緒に作ったものや提供したものは、確実にあたしが思い描く未来のためになったと思う。

 

今日は本当に熱く語りすぎたと思う。

お風呂に入りながら書いたからテンションも上がってしまったのだと思う。

こんな自分を晒すのって何年やっても抵抗があるけど、生まれて死ぬ、その間をスッカラカンにするくらいなら全然イケる。

 

YUI

f:id:qlui7:20170408215506j:image

しんゆう

f:id:qlui7:20170326222929j:image

歳を取るほどに "友達" は少しずつでも増えるものだけど、超若い頃の友達と今でも仲がいいのは、ほんとーに嬉しいことだなと。

 

だけど昔と変わらずなんてのは結構無理な話で。同じ学校で、同じクラスで、同じ部活で、同じ塾で。7時の朝練から始まって、22時終わりの塾まで、四六時中それこそ家族より一緒にいたしんゆうと、今でも毎日を共有し同じ関係でいられるか、って言われたらそれは難しい。

 

しんゆうとは今別の生活(同棲していたわけではないが笑)をして、年に2回くらい?でも時間で言ったら6時間くらい。合うか合わないかな関係。
もちろんそんな時間の中で語り合うことなんて出来ないし、1回は絶対めいが一緒にいる時だから、そもそも2人きりではない。もう1回は、誕生日おめでとうって言いに行くだけ。5分くらいかな。

そんな仲でも、やっぱりこいつ親友だわーって思う。会っても会わなくても。

超若い頃出会ったからさあ。昔はそれこそ「うちらを超える親友はいないよね★」みたいな事をお互いが表現していたけど、今はしないわ。うん、ないな。笑 この文がそうだと言えばそうなんだけど、それは表面上。

 

ここまで書いておいてだけど、しんゆうの写真とかは載せないよ。なんていうか、うちらの関係でそのアピールはいらないかなって。

もし、親友がこれを読んでいたらきっと気づくと思うけど、何も言ってこないと思うわ。それでいいのだ。

 

 

 

 

たとえばあたしが80歳で知り合った5歳の子との関係を、友達だよーん なんて本気で言えるような子供みたいな大人でいたいなあ。

そう、子供みたいな大人になりたい。

学生の時は当たり前に周りにいる人のことを友達って言ってたけど、大人になるにつれそういうのが減ってしまって、同僚、上司が増えていって、大人って疲れた顔してるなあ。って思う。失礼だけど。

いわゆる社会に出てない世代?(笑) だからこんなこと思うのかもしれないし、友達で嫌な思い出がないから思うのかもしれない。

 

何歳になっても色んな人と友達になりたいよ。って思わないのかな?やっぱり40、50、60年…って生きてくると疲れちゃうのかな。まぁそうだよね。あたしなんか19年生きたけど、結構それなりに疲れたぜ。

疲れたら、寝たいし。つまんなくなってきたら、遊びたいし。そういう自由がない毎日が続くのは、疲れるねえ。だからお歳を召した方ってそれだけで尊敬するよ〜どんな生き方であろうと何年も何年も生きたんだと思うと、ぞわぞわっとする。。

運命ってぜっっっっったい、決まってないと思うのね、これはマジで。絶対って使わせて。

だとしたら、あたしはあと何年生きるかなあ?とか、日本ってこのまま北朝鮮や中国化してくのかなあ?とか、世界っていつまでも仲良くできないのかなあ!とかね。考えててもしょーもなって思うわけ。そんな i f マジでしょーもなって思うわけ。

しょーもないことを考える時間もそれはそれでハピネスだけど、その時間をしんゆうや友達と過ごしていたらバカハピネスだよね。

 

友達が及ぼすハピネステンションって本当心強いなあ。

 

f:id:qlui7:20170326231513j:image

はぴねす。

YUI