iuy

地球に生まれたから宇宙を知った、だから宇宙に会いたい I’m in the earth.

真似




周りを見て、何かの真似をして、成長していく。全人類、全生物に共通して言えるんじゃない?


歩くのだって、喋るのだって、ご飯を作るのだって、計算するのだって、本を読むのだって、何かを考えるのだって、


こうしてあたかも自分だけのオリジナルな言葉を書いてるようにみえるこの文だって、今まで見てきた何かしらから影響されている、または全く同じだったりもする。


小中学生の頃なんかはよく、
"ねえ真似しないでー"
"えー最悪〜真似されたからもうこれやめよ"
なんてことを思う子がいて普通だったよねぇ。


でも冷静に考えて。そういうあなたはそんな言葉を喋れるようになるまでにどれだけいろんな人や動物の真似をして生きてきたと思う?


だから生きてこれたんだよ😂レベル で考えてみたら、真似するのって当たり前でなんなら本能的にやっちゃうことだと思う。


うわーこれめっちゃいいなぁ!ちょっと真似しよう。 何この人のご飯超美味しそう、私も作ろう! この服かわいいけど高いなおい。自分で作ろ。
素敵な絵だなぁ〜写真撮って私も家で描いてみよう。 この人肌綺麗だなー持ち物までいけてるわ〜使ってるスキンケアとか全部真似したいな!


キリないけどね、あたしはいくらでもこういう経験ある。こんなの生きてく上で普通に感じることでしょって思うし、だからこれらに対してネガティヴな感想とか正直何もない。


それでもやっぱり、盗作とか真似すんなとか言う人っているんだよね。


で、あたしにもそういう意識が (真似する側として) あったことに4年前くらいに気づいてメモしてたのを見つけたからここで振り返って上書きしながら書き起こしてる。



あたしの場合は文章だった。


SNSに映画の感想を載せるつもりでキャストとかその映画についての情報を調べるついでにレビューをよく見てしまうんだけど、その中で心動かされるものなんかを見つけちゃった時に、えー、、これ書きたい。本当にあたしもそう思うし、この人の文章力めちゃめちゃ人の心に響く。真似したいなー、、、


って思ったりした後、全部真似すると書いた人とかそのレビューを見たことがある人に "バレる" かもしれないから、ちょっと変えよう。そんで要点はパクろう。みたいな感じであたかも自分が生み出した文のように堂々とSNSでレビューしたことがある。


他にも、雑誌の記事で面白いこと言ってる人見つけたらその部分を丸々ノートに書き写して、そこから自分が考えていたトピック(など、本家とは違うネタ)にそれを繋げたりする。


で、気づいたんだけど、こういうのって大体その記事全てを真似したいと思えるものってあんまりなくて。一文か一フレーズだけが最高にいかしてるんだよね。


だから全部真似する必要はいつもなかったの。でも、そのいかした部分がどうしてそこまで真似したくなるほどいけてるかっていうと2つあって。


1つはその言葉(または言葉の組み合わせ・使い方)を
生まれて初めてみたから。


それともう1つは、単純に全人類でその文を読んでもみんなが最高だなと思えるくらいシンプルに "かっこいいこと言ってる" から。


そんで真似するわけなんだけど、それがなんで "えー真似するのはずるいーやめろー" みたいに思われるのか、又は自分自身さえも "真似してしまった" 罪悪感が芽生えるのかっていうと、


歳だから!


なんかもうそれに尽きると思うんだよね。


だって3歳児に自分の考えた文章や描いた絵や作ったご飯やファッションを真似されてガチギレする人ってそんないないと思わない?


でも3歳児なら罪悪感も何もなく単純にいいなと思ったら速攻で真似すると思わない?


それの何が悪いのって思わない?


なんかこういう聞き方ってうざい?笑




まぁそう、だから真似したことがない人なんて絶対にいないし、(いたらどうやって生きてこれたのか how to 教えてくれ) あなたが今してるほとんどのことが何かしらの真似 (又は影響を受けて) で成り立ってることだと思う。



だからこそ今後誰かに知らぬまに真似されるだろう "自分" をそこそこに育てる必要がある。それから、誰に真似されたからって文句を言わない。くらいの貫禄を持っておく?笑



ちょっと何言ってるかよくわからないけど、この真似に対するあたしのイメージが少しでも新鮮なものであればいいなと思う。




信じてはいるけど万が一自信をなくしたら読み返しな未来の自分


未来っていうのは、1秒後もそう。意志なんて強く持ってるつもりでも明日はどうかなんて信じるしかない。


非現実的な夢を語れば語るほど、”考えが甘い”とか、”そういうの目指したい年頃だもんな”とか、色々な反応があると思うの。


でもやっぱり周りがなんて言おうが、自分のやってみたいことはやっておいた方がいい。


たとえその人が同じことを昔やっていて失敗したからやめておけみたいな話をされても、それはその人がやったことで起きた結果。


あなたがやったことではない。だからどうなるかなんて、本当のところは誰にもわからない。


だからあなたがやってみたいと思うことは、やろうとしているそれは、この世界で起こる初めてのこと。
だからやった方がいい。


なにより、やりたいことを見つけてるということは、奇跡に奇跡を足して超奇跡で掛けたあとに "宇宙レベルでも稀に見る奇跡" 乗したくらいのすごいことだからね。。いやかなり本気で。


その ”え、きみ宇宙作れちゃうんじゃね?”レベルな奇跡が起きている事実をしっかり受け止めて、”やべえそうかも、フラグ立ったわ” くらいのテンションで何でもやっちまいな。


ロマンを忘れたら面白い発想はでてこない。それからシリアスな場面でこそ笑える話って必要。人生で培ってきたネタも忘れないように!絶対もっと楽しくできる地球星に生まれた、ただ一人の人間ということもね、



大胆に挑戦して楽しめ。全て一瞬だ。


外で鴉が大きい声で鳴いているけど人間の声って案外もっとデカイよね散歩してて思った鳥の声よりおばさん(人間)の世間話の方がよく響くなってつまりヒトが本気出した時の声帯すごい


私の妹は単語帳を与えるとまず自分の名前を暗記するタイプか。


いやー今日あたしの机を片付けてたのよ、そしたら久々に単語カード見つけてさ


うわ懐かしーと思いながらめくってたら、どうやら英語の単語カードだったんだよね。


あたしが昔使ってて、でも持ってる単語カードは全部めいにあげたところまで記憶してたから、なんでここにあるんだ?とは思いながらめくり進めてたら


突然筆圧の薄い M E I が出てきてね。
いやなんつーことをまた書いて笑

なんて思いながらよくわかんないけど裏見てみたらさ







難読すぎるから10秒で理解するの(脳が)やめたわ


まぁ脳トレに良さそうだけど解読できたらIQ500レベルなんじゃない?笑


ちなみに、思い出したけどこれいらないって返されたんだよね。てか今気づいたけど全部の単語カード返されてるわ。笑


あたしは単語カードなんて書いて満足の完成品を一度も開かない典型的な画家タイプ(なんて言っとけば聞こえはいいけど、あたしはとことん資材を無駄にするアホ)だったから( ˊ̱˂˃ˋ̱ )


めいとは勉強に対する姿勢そのものが真逆なんだけど、使い物にならない又は単純に間違っているから返された可能性しかないな


そんなあたしもやっぱり人生一生勉強だよなと思うよ。少なくともあたしが地球で人間として生きていくならばそう思うよ。思うより行動しろよって話なんだけどねえ?


P.S タイトルはこれを書き終わった後に書こうと思って考えようとした時のその瞬間に起きたことをツイッターのようにしてみ…(解説長いな)

ホームレス

自慢じゃないけど、あたしは小さい頃から人によく、本当によく話しかけられる。そしてその多くがホームレスだ。


いきなりヘビーな話だけど、小学生の頃地元では超有名なあるホームレスのおじさんに下校中追いかけられて警察沙汰になった。

彼はいつも大きすぎる荷物を3つは持っていて、おそらくそれはゴミだった。
その姿で待ち伏せされ、つけまわされ、終いには追いかけられた。

誤解されては困るけど、あたしはその時の体験がトラウマになったりはしていない。むしろホームレスは嫌いじゃない。

おそらくそれは、あたしのおばあちゃんもホームレスによく遭遇し、話しかけられたりするタイプで、普通に対応していたのを間近でみて育ったからというのも関係している。いやむしろ大いに影響している。笑

うちのおばあちゃんはヘビースモーカーなんだけど、彼らにタバコをねだられあげているのを何度か見た。

わざわざこちらから話しかけることはなかったけど、どうしても食べ物をあげるときは少しでも糖分が多く取れる菓子パンなどをあげていた。

中学生の頃、おばあちゃんちの前でゴミ掃除をしていたらホームレスの人がいて、座り込んでいたのでおばあちゃんの家にあったセブンイレブンの菓子パンをあげた。(今思えばこれはおばあちゃんのマネだけど)

次の日、また彼はそこにいた。そして彼から "大葉やる" と言われてもらった葉っぱがただの落ち葉にしか見えなかったのは今でもなかなかお気に入りの不思議な話。



一番印象に残っているのが、地元ですごく遭遇率の高いホームレスのあるおじさん。彼は今まで出会ったどのホームレスよりも控え目だった。周りの目をすごく気にしていた。

これはあたしが出会ってきた中でのイメージに過ぎないが、ホームレスの人はだいたい態度がでかい。"我ここに在り" 的な雰囲気が漂っている。悪口とかではなくて、そういうもんなんだなと経験上出会った彼らを見て思う。

日本人が、"生きてく上でレールに乗ることやマジョリティを好むイメージ" ってのと同じで、周りを見た感覚的に思うこと。

それで控えめなおじさんの話に戻るんだけど、あたしが出会ってきたホームレスらしき人たちは我ここに在りを感じたけれど、彼は会うたびとても申し訳なさそうにしていた。
信号待ちでは3歩後ろに立ち、スーパーですれ違う時は小鳥の吐息並みに小さな声で "すみません…" と言いながら横切っていたし、レジを選ぶ時は人がいなくなるのを待ってからやっと入っていくくらい半径何メートルかに人を引き寄せるのが受け付けられない感じがした。(そしてどれだけ遭遇しているかお分かりいただけるだろうか)

彼が申し訳なさそうにしているのは明確で、体臭を
まぁ確かに、彼らの体臭が気にならないほどあたしも無神経ではなくて、出会うたびにというか、すれ違う15メートル手前くらいからだいたい想像がつく。

あたしは多分鼻がいい。人の名前とか覚えられないけど、その人の匂いは記憶している。だから地元でよく会う2人のホームレスの匂いはそれぞれ記憶していて、数メートル手前で "あ、いるな" と察する。


電車の中で偶然目の前に立ったホームレスの方は、ドタバタ乗車しながら一冊のボロッボロの本だけ持っていた。身軽なのになぜ?というくらい動きがうるさい笑

しばらくすると、その本を読みながら泣いていた。意味がわからないけどもらい泣きした。
そんなあたしもはたから見れば意味不明。



なんで今この話を思い出したかって言うと、彼らは自分がホームレスであることに対して何を感じていたのか、何を求めていたのか知りたくなったから。

あたしは性格上?与えることは生き癖みたいに当たり前のように感じるけれど、
それが彼らやストリートチルドレンに及ぼした影響を考えるとやりすぎたかなとか、また遭遇したらどうしたらいいか、と思い悩むこともある。


とりあえず友達になることしか考えていないけど、あたしには口が動かせるので話すことができる。耳が聞こえるので話を聞くこともできる。頭が働くので考えることもできる。


なんだかんだで色々できる。ありがたいことに。


そうそう、それで、頭を働かせて自分もホームレスやってみようと思ってだいぶ前に一度だけやってみた。

世間からはお前頭悪すぎだろとか、彼らからはバカにしてんじゃねえよって反感を買いそうな行動だけどね。あたしには彼らの気持ちなんてちっともわかっていなかったから、遊び半分とか冗談とかではなくて、本気でまじめに取り組んだの。(だからもちろんホームレス中を写真に撮ってSNSにアップしたり、周りにおもしろおかしくこの話を話したりなんてしてない)

実際には、完全なホームレスにはなれなかった。なんでかっていうと、母上からのお許しがでなかったから。

あたしがお願いしたのはたったこれだけ。

ストリートチルドレンの気持ちを少しでも体と心で理解したいから、家の前の公園で1日過ごしてくるね」

「はぁ、いい加減にしなよ!言われないとわかんないの?!」

「…はい。でもわかってるから事前に言ったんだよ、、(小声)
じゃあいいよ、家の中で勝手にやるので文句言わないでください!(切り札)」


内容はシンプルで、一冊の本だけ持って、一本のサツマイモと500mlの水一本、新聞紙(朝刊1日分)の3つで過ごす。期間は夜から次の日の夕方まで。これはあたしがよくみてきたホームレスのレギュラースタイルだったから。食べ物だけはかなりの例外だけど。

夜以外を家の前の公園内だけで過ごし、夜は家の外に出ることが許されなかったから、家の1番かったいフローリングに新聞紙を敷いてさらに新聞を体にかけて寝た。
めいが夜中にあたしをみつけて、"えっ、、、" とだけ言って扉を閉めた。さすがに彼女も普通のリアクションをしていた。


実際には、あまりの硬さに寝心地が悪すぎて朝の3時に起きてしまった。それからはもう "まだマシ" を追い求め、最終的に座って寝た。
朝になり、水とサツマイモと新聞、本を持って公園に向かった。

暇すぎた。

1時間もしないうちに夕方までもたないことは明確だった。
あたしには集中力がなくて、飽きがきたら終わりだからだ。

結局、15時に家に帰ってまず普通にご飯を食べた。
そして布団の柔らかさと暖かさに初めて驚いて、"幸せだ 幸せだ 幸せすぎだ!" と思いながらいつも通りの夜を過ごした。

なんて意志の弱い奴だと、我ながらこれは説得力のある体験だったと思う。

要は普通(自分の日常)の生活を何年もしてる人が、誰のためになんのためにこんなことをしてみて、できなくて幸せを(自分の日常の)再確認してるわけ?って話。結局のところすべてが自分のためにしか思えないんだよね。

つくづく成長してないなと思った。セブから帰国して何年経った?あのあと何度もそれについてノートに書き続けたことを全く自分の心に留めてないな。

こんな反省文みたいなブログ、全生物にとって死ぬほど退屈で無力でつまらない!笑

書かないよりはマシとはよく言うけれど、これに関しては書かないほうがずっとマシだな。

そう思いながらも2018年8月12日の下書きにあったこのブログを公開する。

ここまできちゃった方にはもはや申し訳ない。くだらない言葉を右から左にながし読む無駄な時間もたまにはありかなって思う生物だけがせめてここまできちゃっていてほしい内容だわ。。。(最後の日本語までもが酷すぎる笑

クレヨンめいちゃん


お待ちかねのめいちゃん劇場をテキスタイルでお届けしよう。実際、めいのクレイジーネタは山ほどあって載せきれないから、昨日の様子だけ書き留めるわ。



まず朝6時にあたしは自分の部屋で1人で寝てたはずなのに、目の前に誰かが立ってこちらをずっと見ているのに気づいたの。え?!笑
って起き上がったらそれはめいで、すでにめちゃめちゃおめかしした状態でニヤニヤしながら何も言わずにあたしを見続けているから、”あぁ、そうか” と思って「10歳おめでとう」と言ってハグしたら、満足そうに部屋を出ていったよね。



その後も、ママとめいの迎えに行ったらなんだかコソコソママと話してるからなにー?って聞いたら、今日のためにママのおっぱいをすう練習をしてたんだよね。って言い出す。
なんの話か全く理解できなくて、"え、誰が?なんで?笑"
と聞くと、"今日10歳になって2分の1成人式だから、産まれてはじめてしたことをもう一度するんだ!生まれた日のことを忘れたくないから、もう一度おっぱいをすうんだ!"
と言っていた。こうやってママの服の中に入ってねーとかレクチャーされたけど、どこまでが本気でどこまでが冗談なのかもはやあたしにはわからない。



さらに、めいの誕生日パーティーだれよぶー?と、自らパーティーを計画しはじめ、結局家族だけで祝うことになったにもかかわらず、今日は誕生日パーティーだから1分でも早く家に帰りたいんだって事で、習い事をいつもより15分早く行って(本当はダメだけど特例らしい笑) 帰ってきた彼女の情熱に、みんな仕事でたいしたものを用意できない温度差がかわいそうに思えてきた笑
けど、"今年プレゼント用意できなかった!ごめん!" と言ったら、"いらないよ、ケーキ作ってくれるんでしょ?" と言ってくれて、"今度一緒に温泉行こう!めいがお金だすから!"
"え、それが誕生日プレゼントでいいの?むしろ私が貰ってるくらいだけど笑" "うん!!"
と、相変わらずの太っ腹具合。ママたちからは、すみこぐらしとかいうキャラクターの鉛筆をもらってて、悲鳴あげて喜んでた。自分で選んだからわかってたくせに笑



ピアノから帰ってきて、先生から何かもらったの?と聞いたら、

「うん!ことばー!」
「え?」
「お誕生日おめでとうって、言葉もらった😊」

その感覚をいつまでも心のどこかに持ち続けてねと思ったよ。



あと、あたしはめいの個性が大好き!
フリマで10円で買った偽クロックスとかも喜んで履くし、意味わからないファッションセンスとかも自分が好きなら楽しんで着るし、人のセンスに口出ししないし、一般的に変であればあるほど褒めちゃうし。



めいは我が家の中で、クレヨンしんちゃんみたいだねって言われてるの。

あれで四年生か。。いろんな意味ですごいよね。って父言ってた。笑

わかるわそれ、すっごく。

めいのマインドとか考え方って本当に魅力的なんだよね!本人はわかってないだろうけど、めいの自由な行動や発言に周りは衝撃を受けてるんだよ。








いつもありがとう、クレヨンめいちゃん。



それはそれ

小学生の頃から "これなんの意味があんだ" と思うことがある。


先生 "では、この感想を発表してください。三人当てます!"

生徒① "とても面白かったです"

先生 "そうですね。どこらへんが面白かったのかな?"

生徒① "ケンジがゴリラと友達になったところ"

先生 "ふふふ、わかりました( ^‿^ )では、次の人!"

生徒② "おなじです"

先生 "同じはダメよ〜たとえ同じでも、自分の言葉で言ってください!"

生徒② "え〜、、じゃあ、ゴリラとカレーのところがよかったです"

先生 "うんうん、じゃあ最後の人!"

生徒③ "ケンジがすごく面白くて、ゴリラと友達になってよかったなと思いました!"

先生 "はい、ありがとう〜( ^‿^ )"





これってなんなんだろうな。
感想だし何が正解とかないんだけど、素直に同じ意見だった場合でも同じはダメとか言われる割に、ちょっと小細工した適当な感想なら合格なやつ。

たとえばの作り話コントだけどね、きっとこのナンセンスな例題を理解しきれる人って未来の自分ですら自信がないから解説させてくれ。


〈解説〉
まず生徒②が再度発表した時すでに感想が変わっている。先生の同じはダメよという規制のせいで。

そして生徒③は自分をモデルにしてみたが、ひねくれたあたしの言いそうな答えだなと我ながら感心する。

このように、生徒②と③はほとんど馬鹿らしい発表をこなしているため "なんやねんこの時間" という気持ちにさせられる。

言いたいことは、"これはこれだし、それはそれ"



ーーーーー以上2018/11/19、以下2018/12/5

これを読んだ未来の自分は、クエスチョンマークが300個くらいついてると思うわ。

2週間前に書いて下書き保存されてたこの文章を、すでに今のあたしには理解できない。
「小学生の頃から思ってたことが〜」とか言ってるけど、たった2週間で忘れてしまうようなことを本当にそんな頃から感じていたのかとすら思う。笑

いやーこのビビるほどナンセンスな例をあげて、結局言いたいことが「これはこれだし、それはそれ」?!やばいな。。。笑


でも多分、なんとなく思うのは、同じじゃダメと言われる社会になりつつあるけどそれでも同じ意見を持つ時ってあるし、そんな場合すらも否定するような人のいいなりにはなるなって言いたかったのかな。と思う。

ファッションはもちろん、就活の面接や個性を出さないと埋もれてしまうような世の中で、SNSで同じような発言をしただけで著作権法違反なんて騒がれてしまう世の中で、この世に何億の人間がいると思ってるんだよと思うことはあるね。

何も個性を出すなとか、思考をパクれって言いたいんじゃなくて、無理して"人と違う自分"を演じているといつのまにか本物の自分が消えちゃうかもしれないからね。
まぁ人と違う自分を演じてる自分も本当の自分だけどね。

そんなことを2週間前の自分は思ってたんじゃないかなって、今の自分は思います。どうかなー汲み取ってあげられたかなー。笑







YUI

老いることができる素晴らしさ

人を知る上で年齢ってまず気になるポイントかもしれないんだけど年齢ではなく人間として人をみたときに見える感動や衝撃を、あえて年齢を通して伝えたい。子供年齢にも着目したいけど、今回は逆の人たちの話をする。



そもそもわたしは友人の年齢をほとんど把握していない。もちろん、同級生の友達は知るまでもないんだからそれ以外の友達についてだ。

そういえば、これは個人的なイメージだけど、日本は同世代以外の友達が少ない気がする。
同級生、先輩後輩、学校の中で収まってしまう年齢の世界。
まぁ、それも本当に一緒にいて楽しいんだから全く問題はない。

言いたいのはそういうことではなくて。日本は年齢で人をみる癖がある人多いなーと思ったの。

定番だけど、"若けりゃいい" みたいな風潮ってある。
特に "若い女であればあるほど最高だぜぇ!"みたいなの。時代物の海外ドラマとか見ていてもそうだから、これはどこの国でも多少なりと当てはまることなのかもしれないけど。

こういうの見るたびにフッwって思う。

例えばわたしの自慢をすると、あたしには75歳の友達がいる。(いいだろ!)
話している内容や言葉の使い方、見た目でしか判断できないけれど、まぁ50歳くらいだろうなと思っていた。どうでもよかったけど。

それで、出会ってから何年か経ったころにたまたま年齢を知る機会があって。結局彼女は75歳だった。驚かなかった。

50歳と言われればそうだろうなと思うけど、75歳と言われてもそうだろうなと思うから。

彼女の発する言葉や行動、身につけるものには品があるのにどこかユニークで、人を褒めることを常にしていて、自分の体力や可能性を決めつけず、あたしよりずっと上手にバレエで踊るの。あたしがバレエをやるモチベーションにすらなっているからね。

とにかく笑顔が可愛くて、とにかく心底尊敬してる。





老いることができる素晴らしさよ。






"若い頃はなんでもできたのに、今は何もできない。体も思うようにうごがないし、覚えようとしてもすぐに忘れちゃうポンコツ脳みそがいやだ。情熱を持っても、あとどれだけ生きれるかわからないのにそんな虚しいことできない。"

あたしは歳を重ねた人からパワーをもらうことがたくさんある。こういうことを言っている人からすら、大きなパワーをもらう。

だって、あたしにもそういった葛藤があるから。人生に悩む思春期学生の心は複雑なんだからね😂






小さな希望に導かれて進む人たちはそれが出来ていようがいまいが関係なく輝いて見える。

凄いのって結果じゃないから。1日でも頑張ってた姿だからね。




あたしのおじいちゃんやおばあちゃんは、何歳かはわからないんだけど多分50歳は過ぎているのに、今新しい言語を取得する目標を掲げて日々勉強しているんだ。

でもやっぱり思ったようにいかないみたい。
それでも毎日少しずつ少しずつ、進めている。

その姿を見て、私がどれだけパワーをもらったかはわからないわ。

正直、こんなことまだヤングな君だから言えることだと思われると思う。
老いは素晴らしいことなんだよと、少しでも思ってもらえたらそんな嬉しいことはないけど、そんな簡単に受け入れることは難しいことだってわかってる。

だけど言わないとわからないと思うから。



今、どれだけの人が歳を重ねて重ねて重ねた人生を生きているんだろう。
わたしは心から羨ましく思うし、尊敬している。

生きることから逃げずによくそこまでたどり着いたなって、すごいなって思う。

どんな時も自分の中にある幸せを見失わずに老いていけたら、その時は自分をうんと褒めてあげよう。



なんだか歳を召した方だけを褒めたみたいになっちゃったけど、人間は年齢じゃないってことを言いたかったんだよね!😂

だからやっぱり子供の可能性も触れとけばよかったかなー!ま、いいか!




老いは素晴らしいし、人は年齢じゃないし、幸せはいつも自分の中にあるものだよ!





YUI