iuy

I’m in the earth.

クレヨンめいちゃん


お待ちかねのめいちゃん劇場をテキスタイルでお届けしよう。実際、めいのクレイジーネタは山ほどあって載せきれないから、昨日の様子だけ書き留めるわ。



まず朝6時にあたしは自分の部屋で1人で寝てたはずなのに、目の前に誰かが立ってこちらをずっと見ているのに気づいたの。え?!笑
って起き上がったらそれはめいで、すでにめちゃめちゃおめかしした状態でニヤニヤしながら何も言わずにあたしを見続けているから、”あぁ、そうか” と思って「10歳おめでとう」と言ってハグしたら、満足そうに部屋を出ていったよね。



その後も、ママとめいの迎えに行ったらなんだかコソコソママと話してるからなにー?って聞いたら、今日のためにママのおっぱいをすう練習をしてたんだよね。って言い出す。
なんの話か全く理解できなくて、"え、誰が?なんで?笑"
と聞くと、"今日10歳になって2分の1成人式だから、産まれてはじめてしたことをもう一度するんだ!生まれた日のことを忘れたくないから、もう一度おっぱいをすうんだ!"
と言っていた。こうやってママの服の中に入ってねーとかレクチャーされたけど、どこまでが本気でどこまでが冗談なのかもはやあたしにはわからない。



さらに、めいの誕生日パーティーだれよぶー?と、自らパーティーを計画しはじめ、結局家族だけで祝うことになったにもかかわらず、今日は誕生日パーティーだから1分でも早く家に帰りたいんだって事で、習い事をいつもより15分早く行って(本当はダメだけど特例らしい笑) 帰ってきた彼女の情熱に、みんな仕事でたいしたものを用意できない温度差がかわいそうに思えてきた笑
けど、"今年プレゼント用意できなかった!ごめん!" と言ったら、"いらないよ、ケーキ作ってくれるんでしょ?" と言ってくれて、"今度一緒に温泉行こう!めいがお金だすから!"
"え、それが誕生日プレゼントでいいの?むしろ私が貰ってるくらいだけど笑" "うん!!"
と、相変わらずの太っ腹具合。ママたちからは、すみこぐらしとかいうキャラクターの鉛筆をもらってて、悲鳴あげて喜んでた。自分で選んだからわかってたくせに笑



ピアノから帰ってきて、先生から何かもらったの?と聞いたら、

「うん!ことばー!」
「え?」
「お誕生日おめでとうって、言葉もらった😊」

その感覚をいつまでも心のどこかに持ち続けてねと思ったよ。



あと、あたしはめいの個性が大好き!
フリマで10円で買った偽クロックスとかも喜んで履くし、意味わからないファッションセンスとかも自分が好きなら楽しんで着るし、人のセンスに口出ししないし、一般的に変であればあるほど褒めちゃうし。



めいは我が家の中で、クレヨンしんちゃんみたいだねって言われてるの。

あれで四年生か。。いろんな意味ですごいよね。って父言ってた。笑

わかるわそれ、すっごく。

めいのマインドとか考え方って本当に魅力的なんだよね!本人はわかってないだろうけど、めいの自由な行動や発言に周りは衝撃を受けてるんだよ。








いつもありがとう、クレヨンめいちゃん。



それはそれ

小学生の頃から "これなんの意味があんだ" と思うことがある。


先生 "では、この感想を発表してください。三人当てます!"

生徒① "とても面白かったです"

先生 "そうですね。どこらへんが面白かったのかな?"

生徒① "ケンジがゴリラと友達になったところ"

先生 "ふふふ、わかりました( ^‿^ )では、次の人!"

生徒② "おなじです"

先生 "同じはダメよ〜たとえ同じでも、自分の言葉で言ってください!"

生徒② "え〜、、じゃあ、ゴリラとカレーのところがよかったです"

先生 "うんうん、じゃあ最後の人!"

生徒③ "ケンジがすごく面白くて、ゴリラと友達になってよかったなと思いました!"

先生 "はい、ありがとう〜( ^‿^ )"





これってなんなんだろうな。
感想だし何が正解とかないんだけど、素直に同じ意見だった場合でも同じはダメとか言われる割に、ちょっと小細工した適当な感想なら合格なやつ。

たとえばの作り話コントだけどね、きっとこのナンセンスな例題を理解しきれる人って未来の自分ですら自信がないから解説させてくれ。


〈解説〉
まず生徒②が再度発表した時すでに感想が変わっている。先生の同じはダメよという規制のせいで。

そして生徒③は自分をモデルにしてみたが、ひねくれたあたしの言いそうな答えだなと我ながら感心する。

このように、生徒②と③はほとんど馬鹿らしい発表をこなしているため "なんやねんこの時間" という気持ちにさせられる。

言いたいことは、"これはこれだし、それはそれ"



ーーーーー以上2018/11/19、以下2018/12/5

これを読んだ未来の自分は、クエスチョンマークが300個くらいついてると思うわ。

2週間前に書いて下書き保存されてたこの文章を、すでに今のあたしには理解できない。
「小学生の頃から思ってたことが〜」とか言ってるけど、たった2週間で忘れてしまうようなことを本当にそんな頃から感じていたのかとすら思う。笑

いやーこのビビるほどナンセンスな例をあげて、結局言いたいことが「これはこれだし、それはそれ」?!やばいな。。。笑


でも多分、なんとなく思うのは、同じじゃダメと言われる社会になりつつあるけどそれでも同じ意見を持つ時ってあるし、そんな場合すらも否定するような人のいいなりにはなるなって言いたかったのかな。と思う。

ファッションはもちろん、就活の面接や個性を出さないと埋もれてしまうような世の中で、SNSで同じような発言をしただけで著作権法違反なんて騒がれてしまう世の中で、この世に何億の人間がいると思ってるんだよと思うことはあるね。

何も個性を出すなとか、思考をパクれって言いたいんじゃなくて、無理して"人と違う自分"を演じているといつのまにか本物の自分が消えちゃうかもしれないからね。
まぁ人と違う自分を演じてる自分も本当の自分だけどね。

そんなことを2週間前の自分は思ってたんじゃないかなって、今の自分は思います。どうかなー汲み取ってあげられたかなー。笑







YUI

老いることができる素晴らしさ

人を知る上で年齢ってまず気になるポイントかもしれないんだけど年齢ではなく人間として人をみたときに見える感動や衝撃を、あえて年齢を通して伝えたい。子供年齢にも着目したいけど、今回は逆の人たちの話をする。



そもそもわたしは友人の年齢をほとんど把握していない。もちろん、同級生の友達は知るまでもないんだからそれ以外の友達についてだ。

そういえば、これは個人的なイメージだけど、日本は同世代以外の友達が少ない気がする。
同級生、先輩後輩、学校の中で収まってしまう年齢の世界。
まぁ、それも本当に一緒にいて楽しいんだから全く問題はない。

言いたいのはそういうことではなくて。日本は年齢で人をみる癖がある人多いなーと思ったの。

定番だけど、"若けりゃいい" みたいな風潮ってある。
特に "若い女であればあるほど最高だぜぇ!"みたいなの。時代物の海外ドラマとか見ていてもそうだから、これはどこの国でも多少なりと当てはまることなのかもしれないけど。

こういうの見るたびにフッwって思う。

例えばわたしの自慢をすると、あたしには75歳の友達がいる。(いいだろ!)
話している内容や言葉の使い方、見た目でしか判断できないけれど、まぁ50歳くらいだろうなと思っていた。どうでもよかったけど。

それで、出会ってから何年か経ったころにたまたま年齢を知る機会があって。結局彼女は75歳だった。驚かなかった。

50歳と言われればそうだろうなと思うけど、75歳と言われてもそうだろうなと思うから。

彼女の発する言葉や行動、身につけるものには品があるのにどこかユニークで、人を褒めることを常にしていて、自分の体力や可能性を決めつけず、あたしよりずっと上手にバレエで踊るの。あたしがバレエをやるモチベーションにすらなっているからね。

とにかく笑顔が可愛くて、とにかく心底尊敬してる。





老いることができる素晴らしさよ。






"若い頃はなんでもできたのに、今は何もできない。体も思うようにうごがないし、覚えようとしてもすぐに忘れちゃうポンコツ脳みそがいやだ。情熱を持っても、あとどれだけ生きれるかわからないのにそんな虚しいことできない。"

あたしは歳を重ねた人からパワーをもらうことがたくさんある。こういうことを言っている人からすら、大きなパワーをもらう。

だって、あたしにもそういった葛藤があるから。人生に悩む思春期学生の心は複雑なんだからね😂






小さな希望に導かれて進む人たちはそれが出来ていようがいまいが関係なく輝いて見える。

凄いのって結果じゃないから。1日でも頑張ってた姿だからね。




あたしのおじいちゃんやおばあちゃんは、何歳かはわからないんだけど多分50歳は過ぎているのに、今新しい言語を取得する目標を掲げて日々勉強しているんだ。

でもやっぱり思ったようにいかないみたい。
それでも毎日少しずつ少しずつ、進めている。

その姿を見て、私がどれだけパワーをもらったかはわからないわ。

正直、こんなことまだヤングな君だから言えることだと思われると思う。
老いは素晴らしいことなんだよと、少しでも思ってもらえたらそんな嬉しいことはないけど、そんな簡単に受け入れることは難しいことだってわかってる。

だけど言わないとわからないと思うから。



今、どれだけの人が歳を重ねて重ねて重ねた人生を生きているんだろう。
わたしは心から羨ましく思うし、尊敬している。

生きることから逃げずによくそこまでたどり着いたなって、すごいなって思う。

どんな時も自分の中にある幸せを見失わずに老いていけたら、その時は自分をうんと褒めてあげよう。



なんだか歳を召した方だけを褒めたみたいになっちゃったけど、人間は年齢じゃないってことを言いたかったんだよね!😂

だからやっぱり子供の可能性も触れとけばよかったかなー!ま、いいか!




老いは素晴らしいし、人は年齢じゃないし、幸せはいつも自分の中にあるものだよ!





YUI

人生最後の日


あたしは卒論をまとめていて、めいはくもんの宿題をしていた時、

「今日が人生最後の日だったらこれから何する?」

と、めいに聞いた。

「別に何も」

「え?!笑 まじ?このまま家でくもんの宿題をやり続けて死ぬんでいいの?めいの人生最後の日それでいいの?!」

「うん」

「え、ちょっと待って。お金とか気にしなくてもいいよ。ディズニーランドでもプールでも行けるよ?めいの好きな学童に行ってもいいし!食べたことない料理とか食べたくないの?外国を知らずに終わっても平気なの?」

「うん」

、、やばいだろw かっこよすぎてwww

これって今この瞬間の生き方に満足しているからこそ出る言葉だとも思うし、単にそこまで深く考えずに答えた言葉かもしれないんだけど、どちらにせよ、めいの潔さはどこまでもさすがだよ😂

「あたしはやりたいことがあるからまだ死ねないよーめいは夢ないの?絵とかすごいうまいし、作文も最高だから画家とか小説家良さそうじゃん!」

「それだけはゼッッッッッッッタイにいや。だったら俳句がいい。」

「は?😂」

「うん、めい俳句がいい。」(なんか照れてるし笑)

「えーそうだったんだ!じゃあなんかお題出すからやってよー。」

いいよ!!

そして、"人生最後の日"、"地球"、"愛"、やらとわたしが考えそうなテーマ責めでやってもらったんだ。笑
そしてその内容はもちろんだけどなにより驚いたのが、1つの俳句で10秒もかけず仕上げてしまったの😂😂😂

しかもこんなお題でも超ノリノリで、もっとお題書いていい。ノート埋めちゃって!

とか言いながら線引きし始めて、、、笑

本当に好きだったんだ俳句。と心底思ったよね。笑

「めいの俳句めっちゃいいね!😳 でもなんで春とか夏とか入れまくるの?w」

「は?季語だからこれ。知らないの?」

…知らなかった。(バカ)笑

と、思った以上に俳人なめい。季語すら知らず、1つの俳句に何分かけても仕上げられないあたしには、俳人がはるかかなた上の存在に感じる😂


あたしもめいみたくいつ最後と言われても「うん。」と言えるくらいの人生を送りたいと思いました…

それだけのこと

昨日更新したブログにすごく後悔してるわ。
なんだか勢いで書いたけど、やっぱり結構攻撃的な内容だった。
あれは自分への問いかけだけど、そういうふうに思えない書き方だな。


なにがそうさせてしまったのか考えてみたけど、思い当たる節はイライラしていたのかもしれないということだけだった笑


生理がずっときていなくてイライラするし、
時間を作る余裕がなくて友達と会えないからイライラするし、
自分のやりたいことへのアプローチがうまくいかなくてイライラするし、
そもそもそれが本当に自分の好きなことなのか5周回って分からなくなってきたし、
やりたいというよりやらなければいけないことは確実にあって、
このままだと、今までの生き方でいくと自分の人生に悔いが残る。

いや、いつ死んでもいい人生だったと思うけど、それでもまだ、全然死ねない。悟りなんて開きたくねえ!




これまでの人生で一番、
気持ちが揺れている時期だと思う。


だからすごくイライラするし、この上ない幸せを感じることもあるし、振れ幅が大きすぎて、気持ちが不安定すぎて、生理も来なくなった。

まぁ正直きても困るな。生理に構ってられる心の余裕が全然ない。

この時期に入ったってことは、きっとこれからの人生がもっと楽しくて苦しくてそんな日々を過ごせるための準備をしてるようなもんだよね。

ここで適当に選択してたら、それなりの人生を生きることになるだろうし、本気で真剣に選択したら、まぁ、それなりの人生を生きることになるよね。

これはあたしのソウルノートで、いろんなことが書かれているの。
もう12年近く日記もつけてるいるし、ブログも結構長い間やってるけど、
この世に残るものとして綴り止めたものは誰にみられても構わないつもりでやってるんだよ。

マジな話で、ブログなんかはそういうつもりでやってる人もいるし当たり前だけど、日記とかソウルノートなんてのは自分しか見ないから書けることってあると思うじゃない?

でもあたしの場合は、もしかしたら誰かが見てしまうこともあるかもしれないし、見せてって言われることもあるかもしれないけど、それでも見せられるものしか書いてないの。






あたしにとって言葉を書くってことはそれだけの覚悟でやってることだから、消したり捨てるくらいなら初めから書かない。


ま、それくらいの気持ちでやってるってだけだけどね!








✌︎

だからレズじゃないってばヨ

あたしの友達は例外なくクソ可愛いらしい。
それであたしは幾度となくレズだと疑われてきた。
まぁ正直そこはあたしの変わった恋愛観が関係しているのだろうけど。

変わってるというか、未熟なんだよね。自分で言うのもなんだけど笑
いつも恋愛はどっちでもいい(してもしなくても)というスタンスでいるせいか、レズにもストレートにもなりきれない。正直そこまで恋愛を燃える温度にもってこれたことがない。

自分がとくに、なにに惹かれるのかまだ分からないくらい未熟で、だから "恋愛に興味ないんだね" と言われることがくそほど多い。

そんなことはないぜ。タイタニック観て感動するし、orange読んで泣いたし、人並みに恋愛ものを嗜んできたつもりなんだぜ?

ただ本当に、笑っちゃうんだけど、
どれもこれもシンプルに愛と性欲の違いしか分からなかったんだよね。

恋愛と愛の違いってなんなの?家族を愛しているのと、友達を愛しているのと、その中でも特別な誰かを愛している、それぞれ愛は違うし、性欲がわく人とわかない人がいるのもわかるけど、、
この中で恋愛と愛で区別できるの?どこでするの?どんな理由で恋愛的に好きなわけ?

いや〜理由とかないでしょ、そういうのって感覚だよ?
なんて言われても全然わかんない。

性欲じゃなくて恋愛?愛じゃなくて恋愛?

どういうことだってばよ?!

という感じで、わたしはまだまだ未熟なのです。

しかし!もうわたしは、愛と性欲の両方を感じる人が世間一般でいう "恋愛的に好き" だと思うことにしたので今のところ問題はありません!!テイク!オフ!!!





おしまい。


じゃなくて!

いやそもそもこの話はいいんだ、それよりなぜ人は、どうせ落ち込むくせに比べては嘆くのをやめないのかという話だったってばよ!



まぁ逆に、比べては喜ぶタイプもいるか。笑
自分を可愛いと自負している人はそれだけで素晴らしいんだけどなんでそう思ったのか考えてみれば、人と比べることで正気を保っていたりするかもしれないだろ?
んー、正直このケースに関しては手に負えないから必要以上につっこむのはやめるってばよ!

それ(=比べてウェイタイプ)はそれでもちろんありだし!





で、本題だけど。あたしの友達は確かに可愛い。
でもそれって誰と比べてあたしは可愛いなんて言っているんだ?
どの口が人と比べて人を評価してんだ?
可愛くない人がいるから可愛いなと思う人がいるのか?

と思い始めたのがここ最近。

なんかそれはすごくやだなー、と思い始めたのもここ最近。

でもじゃあ、可愛いと思ってしまうサイクルはなんなんだってばよ?
可愛いに限らないけど、全ては何かと比べて評価され表現されているってばね?
何かってそりゃ、その対象全てだってばよ。

もれなく自分もその何かになっているだろうし。そうか。そうだな、、全てがそうだな。


ちょっとまって、じゃあ!例えば可愛くないって言葉を可愛いと同じくらいの温度にもってけないか?!

〝きみって死ぬほど可愛くない!愛おしすぎんだろ!ラ〜〜〜〜ヴリーユゥーーー!!!〟

なんて、世の中全てをポジティブにさせようとしてるけどこれは違うか。笑

ネガティブな言葉あってこそのポジティブだもんな。




ただ、
いつになっても二重で小鼻で揃った歯並びに肌の色が白くて髪が金髪でツルスベなお肌で、、っていう可愛いの範囲とやらはクソ狭いよな。
これに関しては物申す!

何を基準に誰目線でどの立場で人に順位なんかつけてやがんだよくそがとか思ってしまう性格と口の悪さで申し訳ないんだけど、

これが本音だわ。

でも実際のところ、選挙なんかやれば比べないことには投票できないし結局何もかも比べてなんぼなんだろう。それはわかるんだけど、

それぞれの個性を潰すような真似はやめろって言いたいのかな?

ここにきて己の主張が迷子になっているぞ!帰ってこい!!!





それで、もちろんあたしも人と比べてはしょっちゅう嘆いているからこれどうにかなんねーかなと思って考えてたの。

素晴らしい人の本とか読むと、あーあ、こんな面白い文書かれたら手も足も出ねーや、、、なんて思うことがある。

でもそういうのなきゃさ、モチベーションとか気持ち、上げていけないよね!?温度、上げていけないよね!?!






そんな、クソほどどうでもいいことを考える時間がたまには必要なわたしでした。(いやそれいつもな)







おしまい。

難しい問題

生きる方向性を見つけること、夢を見つけること、考えれば考えるほど頭の中はミックスジュース🍹

あたしの思う進路は、大学を決めることがゴールでもなければ仕事を選ぶための言葉でもない。

タイに来た意味がわからなくなった。

あれだけいろんな人に大口叩いて語ったくせして、何もできない自分に頭の中が真っ白。

そんな状態で彼女に会うことが、正直いうと気まずかった。

彼女というのはソウルシスターのことで、日本人の友達。クアラルンプールで会う約束をしてたから旅の途中でマレーシアに寄ったの。

あたしのヒミツプロジェクトがこうなってこうなったという経緯は話すと長いから省略するけど、やる前から何かずっと引っかかっていたの。

あたしは何か大切なことを忘れていると。

んーいや違う、何かがアンクリアだった。って気づいた時にはもうタイにいたけどね。

そしてそれが人生の目的、最初に言った通り "生きる方向性" だ!って気づいたのはソウルシスターと議論していた最中だった。最終日にして二日目の解散10分前くらい。あの瞬間は本当にしびれた〜😂


あーもう私たち、いくら考えてもシビれるアイディア思いつかないのかなーって時の、これは、気持ちいなんてもんじゃないのよ。

でもまぁ、こんな根本的なところから考え直さなければ納得いく人生を描けないのかと思うと果てしなかったね。










自分がどんな人生を送りたいか。

って、

すごくシンプルで、すごく難しい問題だと思うの。












自分が何かをやる!何かを成し遂げる!痕跡を残す!評価される!みたいなのを求めすぎると、いつのまにか夢を頭だけで考えるようになる。


一生懸命追えば追うほど、本当に望むものとはかけ離れたことをやっていたりする。


あたしは頭で考えたことに全てを捧げられるほど忠実な心と体は持ち合わせていない。ので、


心も体も頭も納得してくれることをやりたいのです。あたしは結構ほんとうにめんどくさい人間だね。


考えてみれば自分でコントロールできる部分なんて、せいぜい頭を使った指示くらいよ。


だからもう他は、感覚に任せるの。

感性に委ねるの。


固定概念に囚われていたら、夢のある夢を見ることはきっとない。と、思っているから


男だからとか
恵まれていないからとか
家族がいるからとか
生まれ育った環境とか
世間体とか
マジョリティーとか


そんなの関係ねえよ。なんて思わないわ。

なにが言いたいかって?笑 そんなのあたしにもよくわからないよ。

いやそういうの考えるのもちょっと大事だと思ってね。それありきのすげー夢とか思いついちゃう時あるしさー。ね。


でもー、実際あたしはこれ含めて考えだすとエンドレスフォーエバーの詰みゲーだから無視するの。(結局なにが言いたいかとか聞くな。そんなのないから。)


この中にはないけど、あたしは人がやってることならやらないという(万年反抗期な)考え方をしちゃうことが多いのよ。
これだってもちろん世間を意識しまくった考え方の1つなんだよ。

誰にでもあると思うけどね。夢を思い描くのに妨げとなるナニカって。

そんでもってあたしは夢のある夢を追い続ける人生でありたいから、どうしても夢は必要なんだ。






もちろん、可能な夢。





あなたが一番望むものは何か。
この世界で変えたいものは何か。
そして、変えたくないものは何か。


自問自答するときに必ず考えてることだよ。


夢なんてかっこいい言葉だと思うから思いつかないだけで、誰にでも望みはあるものだとあたしは思う。










最後にソウルシスターの話を少しね。


彼女とはおなじ学校に通っていたら、どれだけのことを進められていたんだろうといつも言ってる。会うたびに理想や未来だけじゃない話を真剣にしてるからね。


私たちがトークをすると、想像力が爆発して、ナイスアイディアが止まらないの笑
興奮しながら忘れないように2人ともメモしだしたり笑っちゃうんだけど顔はマジなの笑

無難な選択をする何倍も大変なことだけど、その分何倍も生きてる幸せを感じられる。

1人じゃ何もできないことはわかっていて、私たちは今、思いつきのアイディアを本気で実現させるために真剣に考えているところなの。

まず、完全に一致している動機の1つに理想論で終わらせたくないというのがある。

1人だと責任感は薄れるわ、やめてもいいという逃げ道は山ほどできるわで、夢が叶わないことが多いの。

でも、1人でも強力な仲間がいれば全く違って、強力なモチベーションを保つことができる。

これが私たちにはお互いのいる普段の環境からしてもすごく大事なこと。

今、とてもいい感じで2人とも発想力を働かせているから、次いつ会えるかはわからないけど いつ会っても力強い味方でいられるように頑張るよ!あたしの夢が叶うとすれば、ゆなとのこれを抜きには辿り着かないからね。



ゆな、ほんとうにありがとう。









ゆなと出会うきっかけをくれたさおり、さおりと出会うきっかけをくれたローラ、キリがないけど全ての人に感謝とはこういうことね。

人生を全うできるのはみんなのおかげだよ。

出会ってくれて
友達になってくれて
名前を覚えてくれて
一緒にご飯を食べてくれて
色んな話してくれて

あー本当に、ほんっと〜〜うに、
ありがとう!









YUI