iuy

I’m in the earth.

手紙

これは、あたしが後々読み返すための記録になる。




あたしは今日、
今日の最後の最後に気分が下がる出来事があったの。

そういう時は貰った手紙を全部読み返すのよ。

たったいま読み返し終わったんだけど
さっきまで落ち込んでいたのが嘘のように霧が晴れて、心が満たされているの。
だからこの感謝をここに残そうと思って。




手紙のすごく面白いところが、贈る人と貰う人、両方の成長が見れるところなんだよね。

今日はもう名前をバンバン出して書きたいと思うんだけどね。


(由奈の写真がない笑)

由奈なんて、13歳から今まで毎年欠かさずにくれるの。誕生日以外にも本当に沢山ね。
読み進めていると、あたしの成長もだけど由奈の成長も楽しめて本当に面白いんだ。
由奈は、何も言わなくても何でもわかってる人なの。言葉通りだけど、この意味が本当にわかるのは、数え切れないほどの文通をしてきたあたしたちだけなのかもしれないね。


スミは、文才が凄いのよ。ヤキモチを妬いてしまうくらいにね。素敵な文章を綴るんだよ。
あたしは長々と伝えてしまうタイプなんだけど、スミはもうスマートでクレバーって感じ。笑 スミの書く文章は、誰が読んでも魅力を感じるものだと、あたしは思ってるんだ。


優未は絶対に可愛いレターセットに書いてくれるんだよね。形から入るタイプなのは昔から変わってない😂言葉も、オーバーな表現は全くなくて。素直な気持ちが伝わるんだ。
普段お互い褒めたりしないから、手紙でこんなに嬉しいことを沢山言ってくれると口で言われる何倍も嬉しいんだよ。本当はこんなこと思ってたの?可愛いなおい。みたいなね、感動なのよ。


ゆいこは人に対する感謝とリスペクトが常にあるの。素晴らしいよね。それに結構ツボなのが、とても上品なレターセットや言葉遣いで手紙を書いてくれるんだけど、手紙が二枚重なってたりとか、所々で天然を発揮してくるのが最高に好き。笑


真理子は、小学校6年生の時に転校したからそこからほぼ毎月、文通をしてたよ。山のように手紙が残ってるの。内容がくだらな過ぎて面白いんだ。真理子は小学生の頃から、真っ直ぐ愛を伝えてくれてるんだね。立派な小学生だなぁと思う。今でも毎年会うのはこの文通のおかげだね。


(美穂の写真もない笑)

美穂は幼馴染で、姉のような、友達のような、母のような(笑)、よくわからないけど大好きで。受験の時に貰った手紙と、みつをの言葉は今でも時々思い出しては生きるパワーになってる。未来に対して何か言って欲しくて、頼りたくて、占い師のような存在というか、うーん。いい言葉が見つからない。笑
ま、とにかく、あたしの人生の助言者だね!


麻華はまず字が綺麗。そして、誕生日という日をとても大切に思ってくれる。麻華のしてくれること一つ一つが愛のギフトで、素敵なの。食べることが好きで、人が好きで、自然も動物も愛する彼女の文はスケールが違う。宇宙規模であたしのことを考えているのが伝わるの。


玲奈は、いつだってめちゃくちゃに褒めてくれる。それも飾った言葉じゃなくて、知っている全ての言葉を使ってね。表現の仕方が素直すぎて。たまに小学生かと思う。(小学生は最高だからね) 玲奈の人をリスペクトする姿勢と、それを素直に表現する力は、それを受け取った色んな人の希望になって励みになってきたんだろうなぁと思う。あたしも彼女のピュアさにはいつも感動しちゃう。


紀子はひたすらマメよ。誕生日の手紙もそうだけど、卒業の時にも書いてくれたの。あれだけ遅刻するわりに、なんて言うか、大切にしてるものには手を抜かないのよ。普段は口に出さないことを、文字でこれでもかというくらい表現してくれる。出来事を細かく書き出しているから読み返していて凄く楽しいの。愛が深いね。


レイはほぼ毎年、女社長になってね〜とか女総理大臣になってね〜とかそういうことを書いてくれる。笑 ならないよって言ってるのに、でもそれは、レイのあたしを褒める時に使う最高級の言葉だと知っているので、結局いつも嬉しいの。


恭子からお言葉をもらえるという時点で、なんでか涙がちょちょぎれそうになる。なんせスーパークールガールですから。そんな人から 愛してるよ♡ なんて言われた時の気持ち、言葉で表せられないでしょ。


美空は適当なことばっかり書くけど、あたしが何をやっても面白がってくれて。ゆいがいるだけで世界がハッピーになるよなんて言ってくれた時は泣けたね。めい、ゆいを頼んだよ!なんて、やっぱり適当な事を言うんだけど、なんでかニヤケちゃうような心があったまることを伝えてくれるんだ。



(突然のテイスト笑)

萌、フィーリングで綴っているからナウがものすごく伝わる文章。何書いたらいいかなーとかも、全部書き出しているところとか可愛いんだよね。つまり、うまく書こうとか、感動させようなんて計算がなくて、彼女もまた小学生のような素晴らしさを持っているよね。


未来は友達が沢山いるし、誕生日を覚えるのでさえ大変なはずなのに、一人一人とスペシャルな時間を作っているのが伝わる文なの。まさにこの家族にこの子ありという感じで、沢山の愛で育てられた、愛に溢れた人が書く、愛の手紙。


さおりからもらう言葉は、勢いとパワーが凄まじくて圧倒されるの。感じたことを、思ったことを、そのまま書いてくれる。これだけの愛を受け取ると自信がつくね。さおりはあたしにとってスーパーウーマンなの。彼女が纏う空気は本当に独特よ。


ももは、いわゆる幼馴染だから。だからと言うわけでもないけど、素直に書いてたら恥ずかしくてやってられないってところがあるんだよね、お互い。笑 それでもたまに、ケーキの箱とかメモ帳とか、お硬くならないように工夫して贈るんだよね。それなのにジョークが多い手紙になってしまうのはやっぱり恥ずかしいからだよね。


愛美から貰ったのは中学時代がほとんどで、中でも卒業の時に貰った手紙が凄く好きなんだけど、一枚びっしり感謝を綴ってくれた後に2枚目があって、あたしの似顔絵と “ありがとう。” って文字が書いてあったの。久しぶりに見て感動だよね。


おばあちゃんはさ、手紙に書いてある”優衣ちゃん” って最初の文字を見ただけでブワァっと込み上げてくるものがあるね。一文字一文字の重さに愛を感じるの。
ほとんどが短い手紙なんだけど、書いてあることは 肝に命じます と声に出して言ってしまうほど、大切な言葉ばかり。おばあちゃんとの手紙にまつわる最高なエピソードもここに残そうと思ったけど、まだ秘密にしよう。ちょっとだけこの感じを一人占めしたいからね。


いやいや忘れちゃいけない、多分由奈と張るくらい沢山の手紙をくれる芽衣ね。
文才も画力も思想も何もかも尊敬していて、あたしも芽衣くらいの歳の素直さを忘れちゃいけないなと、貰うたびに思うね。芽衣より面白い人にまだ出会えてないよ。。






今更だけどこれって、キリがないね。

今までに貰ってきた手紙への感謝を綴りたかったけど、友達紹介みたいになってきちゃった。これを始めるとみんなのこと書きたくて止まらなくなるから、宿題が終わってからにしよう。

とにかく感謝を伝えたくて残したくて、一方的な自己満なんだけど、みんな本当に有難う。心が救われた!



あ!それと、手紙にはもう一つ面白いことがあるの。これはある程度昔の手紙を持っていたらかもしれないけど、忘れている記憶を思い出させてくれること。

小2の時もらった手紙に、「ゆいちゃん、いつもマンガを一緒に書いてくれてるありがとう。」ていうのがあったの。漫画、、、あぁ〜〜この子と一緒に書いてたなぁ😂😂って思い出したのよ。
小中学生の手紙って、内容がものすごく具体的で大体リアルタイムの話題だからはっきり思い出すことができるの。
他にも、「ポスターやってくれてありがとう♡いつも残ってやってくれてたよね、、部活出たかったよね、ごめんね。席また遠くなったけどお話ししよう♡」とかね。

鮮明に思い出せたからなんだか凄く興奮しちゃった。




気分が落ち込んだり、何もやる気がでないときは卒アルや手紙を見ること、おすすめする。
卒アルなんて見たくないとか、手紙なんてないしって人は、あたしが手紙、書くからね。



あ〜お腹空いたなぁ。

いまのあたし、ハワイのこのことわざがぴったり当てはまるわ!笑

“i kani ko’aka i ka le’ale’a, i pu’u ko nuku i ka huhu; i le’a ka nohona i ka ma’ona.”

“ご機嫌なこともあれば、不機嫌なこともある
でも、人はおなかが満たされれば心も満たされる”



YUI